ストレッチで痩せる

なかなか痩せないという人、ひょっとして体が固くないですか? 体が固いと、日常生活でのいろいろな動作が小さくなりがちになりますよね。 関節のスジが固いから、腕も足も縮こまってしまうと。 普通に生活していて消費するエネルギー、つまり基礎代謝が少ないから痩せにくいんじゃないですか?

ストレッチで体を伸ばす

ストレッチは、体のあちこちを伸ばして、関節を柔らかくする運動です。 運動と言っても、体操のように動かすだけじゃなく、少しずつ体の可動域を広げる静かなストレッチがあるんです。 首、肩、腰や背中、そして股関節、ひざ、足首など、体全体をほぐしていきます。

ストレッチで筋肉が伸びると血行が良くなる

ストレッチで体を伸ばすだけでは大した運動にならないと思ってませんか? 筋肉はスポーツのように早く動かさなくても、筋肉が伸縮すれば、十分動くんです。 筋肉が動けば、血が流れます。血行が促進され、体が暖かくなります。 しかも、筋トレとも違って疲れません。1日2回3回と毎日でもできます。

ストレッチで狙ったところを部分痩せ

ストレッチして、伸ばしたい部分を狙った動作がそれぞれあります。 首まわり(デコルテ)、二の腕や腰のくびれ、太ももやふくらはぎなど、痩せたい部分を狙ったストレッチ動作を重点的に行うこともできます。 ストレッチは運動ですから、気になる部分にしっかり取り組めば、効果があると思います。 しかも、他の運動のように難しい動作も、筋肉痛もありません。

関節が動けば、基礎代謝が上がる

関節が柔らかくなると、腕や足、体幹の動きが良くなります。 また、背中や肩、腰の筋肉がほぐれますので、姿勢もよくなります。 姿勢が良くなると血行が良くなって、体も動きやすくなります。 体が動くようになると、日常動作のすべてが良くなってきますので、基礎代謝が上がります。 基礎代謝が上がると、エネルギーを消費しますので、痩せやすい体になっていくんです。 ストレッチをして、痩せやすく柔軟な体を作りましょう。