スープで脂肪燃焼して痩せる

脂肪燃焼スープダイエットって聞いたことないですか? 1週間、スープを食べ続けるダイエット方法です。 野菜たっぷりのスープを食べると、水分と食物繊維が一緒に摂れますし、野菜の栄養が摂れて一石二鳥です。

脂肪燃焼スープの作り方

材料は、キャベツ、玉ねぎ、ニンジンです。 そして、セロリやピーマン、ホウレンソウをみじん切りにしていれます。 塩とブラックペッパー、ショウガなどを加えます。 スープの味付けですが、基本はコンソメスープの素、鶏がら、こんぶだしの3種です。 スープにはトマトピューレを使う方法もあるようです。 これを10分少々煮たら出来上がりです。

脂肪燃焼スープダイエットの方法

スープダイエットするとき、基本は、毎日3食スープを食べます。 朝昼晩とスープを1週間続けます。やり方はこれだけです。

スープだけだと、栄養が偏りますので、日によって材料を加えます。 たんぱく質を摂るために、大豆またはささみを入れます。 また、付け合わせに、玄米を食べます。 朝はデザートとしてバナナを食べます。 つまり基本がスープで、栄養が不足しないように付け合わせを一品二品加える、これで1週間続けていきます。

スープは調理が簡単ですよね。 野菜を切っておくこともできますし、スープ自体も作り置きできます。 だからダイエットに向いているんですね。

飽きないように味を変える

季節によっては、セロリやホウレンソウは、ハーブやパセリ、チンゲン菜などに変えてもいいです。 毎日食べますので、必ず飽きてきます。なので、スープの味を変えてください。 固形ブイヨンやチキン・鶏ガラ、ビーフなどのスープの素が市販されてます。 和風にする場合はかつお節、中華風なら、わかめスープを使います。 あと、味噌です。味噌は大豆ベースなうえに、発酵食品ですから非常に健康にいいです。 カレー粉を入れて、カレー味にしてもいいですね。 白菜キムチ、豆乳、ごま豆腐、チーズなど、味を変えると、続けやすいです。

脂肪燃焼スープで痩せる理由

脂肪燃焼スープは痩せます。もともと病院食だったという話もありますし、スープでダイエットした体験談も多いようです。 でもスープで脂肪が燃焼するでしょうか? 材料を見る限り、脂肪が燃焼する成分があるわけではなさそうです。 ではなぜ脂肪燃焼スープで痩せるのでしょう?

野菜の食物繊維と栄養豊富なスープを食生活の中心にすることで、炭水化物と脂質を食べる量が減らせます。 食物繊維と水分のコンビは、お腹ががふくれますので、ダイエット効果が非常に高いです。 炭水化物や脂肪をあまり食べないので、体内の脂肪が燃えていくというわけです。

ただ、エネルギーが少なすぎると体調不良になりますので、スープに加えて、量を調整した穀物や肉類を摂って、補給するわけです。 普段から、炭水化物や脂質が多い食べ物を食べているなら、脂肪燃焼スープでみるみる痩せていくでしょう。 さらに野菜の栄養と食物繊維で、胃腸の調子を整えて、血行を促進し、むくみが取れる効果も期待できるんです。 脂肪燃焼スープをうまく使ってダイエットしてみてください。