オメガ3脂肪酸!αリノレン酸!えごま油で痩せる

えごま油とは

“えごま”はしそ科の1年草の植物で、ジュウネンや“あぶらえ”とも呼ばれます。 漢字だと“荏胡麻”と書きますが、日本古来から栽培されてきた作物です。 えごまの種から作るえごま油は、しそ油とも呼ばれ、αリノレン酸を多く含んでいます。

αリノレン酸の効果

αリノレン酸は体内で合成されないので、食物から摂取する必要があります。 αリノレン酸は、青魚などに含まれる栄養素で、必須とされる不飽和脂肪酸、オメガ3脂肪酸の一種です。 αリノレン酸を60%以上も含むえごま油は“畑の青魚”とも呼ばれているそうです。 αリノレン酸は体内でEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)に変換されます。 EPAは血圧を下げ、中性脂肪を低下させてくれ、血栓症の予防などに効果があり、DHAは脳などの神経系に良い成分だそうです。 血液がサラサラになったり、花粉症やアレルギーが緩和されるなどの効果もあるそうです。 αリノレン酸は脂肪燃焼を促進し、脂肪がつきにくくしてくれる、ダイエットに役立つ成分なんです。

えごま油はスプーン1杯でいい

えごま油は1日スプーン一杯(4g)でいいそうです。 αリノレン酸は熱に弱いので、ドレッシングにしてサラダにかけたり、マリネにしたり、お味噌汁に入れたりして摂ります。 えごま油は酸化しやすいので、空気に触れないように保管して下さい。 開封後は冷蔵庫に保管して、早めに使い切るようにしてください。 えごま油を少量ずつ摂れるサプリメントもあります。 えごまの種子も販売されていて、焼きそばに入れて食べたりするとおいしいそうです。

上手にえごま油を摂って、血圧と修正脂肪を抑えて、ダイエットに役立てましょう。