おからで痩せる

糖質を減らしてタンパク質はしっかり摂れるおからで痩せる

おからダイエットとは、低カロリーな大豆由来食品である“おから”をごはんやおかずに混ぜることで、糖質を減らしてタンパク質はしっかり摂るという健康に痩せられるダイエット方法です。

おからは豆腐を製造するときにでるカスですが、もとは大豆です。 生おからで100gあたり111キロカロリーと低カロリーな上に、大豆の栄養成分が含まれる健康食品なわけです。 さらに価格が安くて、料理に使いやすいメリットがあります。

おからには食物繊維が含まれます。 水に溶けない不溶性の食物繊維です。 おなかで膨らむ不溶性食物繊維は、空腹感を抑えるだけでなく、脂肪の吸収を抑えてくれます。

大豆のメリットがそのまま!役立つおから

おからは大豆由来の食品ですので、大豆イソフラボンが含まれます。 大豆イソフラボンは、ポリフェノールの一種で女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをすると注目されています。 更年期症状である“ほてり”を緩和したり、、皮膚の老化を防止し、しわを改善する効果があるのです。

また、おからには大豆レシチンが含まれます。 レシチンは脂肪を分解して排出する働きがあります。 中性脂肪やコレステロールを排出してくれるのです。 また、レシチンには脳を活性化し、認知症予防に役立つという話もあります。

さらに大豆サポニンも含まれます。 サポニンには、血液から余分な脂肪を排泄したり、腸を刺激して便秘解消に役立つ効果があるといわれています。 サポニンは小腸に働き、余分な栄養素を吸収してしまう、太りやすい体質を改める効果があるそうです。

おからクッキーが人気

おから自体には味がほとんどないため、いろいろな料理に混ぜて使用します。 水分を飛ばした乾燥おから、おからパウダーを使ったクッキーが人気です。 クッキーにすることで、間食にちょうどよい食品になります。

低カロリーかつ安価な食物繊維であるだけでなく、大豆の栄養がとれるおからをダイエットに役立てましょう。