むくみ撃退!脂肪分解!下半身痩せ

下半身だけ痩せたい理由は?

下半身だけにぜい肉がつきやすい人、下半身デブなんていう言い方がありますが、確かにそういう人はいますね。 でも下半身だけ痩せたいのはなぜなんでしょうか。 人間は上半身と下半身がつながってますから、下半身が太っているなら上半身も太っているはず。 見た目で目立つかどうかってだけですね。

下半身だけ痩せる前に、食事を見直してください。 食事は下半身だけでなく上半身にも効いてきます。 もっとも効くのは、炭水化物と脂質の量を減らすことです。 かわりに、野菜や海藻の量を増やしてください。

下半身がむくんでいるから太って見える人

人間の体は、血液とリンパ液が巡っています。 血液は心臓から体中を巡って心臓に戻ります。 リンパ液は血液中の水分が細胞の外に出たものがリンパ管に吸収されたもので、最終的に心臓に戻ります。 心臓は上半身にありますから、心臓から遠い位置にある下半身は血液、リンパ液とも上半身よりも滞りやすいといえます。 特にリンパ液は、リンパ節がポンプの役割を果たしてはいますが、筋肉が動くことでも循環するようになっているそうです。

立ち仕事で一日中立ったままの人、座り仕事で座っていることが多い人など、筋肉を動かすことがすくないと、むくんできます。 また、塩分が多い食事をしたり、水を飲む量が少なかったりしても、体液の循環が不十分になってむくむようです。

むくみをとって血行を良くするにはマッサージ

下半身をすっきりさせるには、マッサージするとよいでしょう。 足の指と足の裏、ふくらはぎは、もむようにマッサージします。 そして膝の裏を指で押して刺激します。 太ももを両手で挟むようにして、軽く圧迫していきます。 脚の付け根、いわゆる鼠径部にはリンパ節がありますので、指でさするようにしてマッサージします。 また、脚と下半身を包み込むように圧迫してくれるストッキングやタイツ、レギンスやスパッツが販売されてます。 生地の強さを部位ごとに調整してあるので、履くだけで、または歩くだけで下半身をちょうどいいぐらいに圧迫してくれます。

マッサージ用のグッズ、コロコロするマッサージ器なんかも各種販売されてます。 エステなんかでやってくれる、つまんだりさすったりといったエステティシャンの手技に近い感覚のグッズもあるようです。 人によるかと思いますが、自分の手でしっかりマッサージすると意外と疲れますので、そういう人はマッサージ器具を使うといいでしょう。

むくみをとる食事

下半身がむくみやすい人は、食事に工夫するといいと思います。 ポリフェノールは抗酸化作用があり、また血管の中の炎症を軽減して血管を広くしてくれるため、血の流れがよくなるといわれています。 チョコレートやココア、赤ワインやブドウジュース、緑茶や紅茶、トマトや野菜ジュース、ゴボウやほうれん草、ブロッコリーや大豆に含まれます。 明日葉に含まれるカルコンは、ポリフェノールの一種ですが、メタボリックシンドロームに対抗できるといわれ、脂肪燃焼を高めたり、血糖値を下げるアディポネクチンをいうホルモンを増やしてくれます。 塩分をとりすぎるとむくむことがあります。カリウムは塩分つまりナトリウムを汗や尿として排出を促進する働きがあります。 カリウムは、グレープフルーツやバナナ、梨、リンゴ、アボカドなどの果物や、ほうれん草、サツマイモ、大豆や小豆などの野菜、魚や肉に含まれています。

骨盤を整えて、下半身をすっきり痩せる

骨盤とは腰の骨の下のほうにある部分ですが、人それぞれのくせや姿勢などによってゆがむことがあるんです。 骨盤がゆがむと、下腹が出た感じになったり、お尻の形が悪くなったります。 ゆがんでますから、下半身にも悪影響で、脚の形が悪くなってしまいます。 骨盤を整えるために、骨盤を支えるベルトや骨盤をサポートしてくれるショーツやガードルやスパッツが販売されています。 また骨盤を整えるエクササイズをするのもいいでしょう。

やっぱり効くウォーキング。歩くと下半身が痩せる

下半身痩せにいいのが、ウォーキングです。 歩くのは有酸素運動になりますし、歩くと足、ふくらはぎ、膝、太もも、お尻、腰のすべての筋肉の運動になります。 下半身の脂肪を燃焼させられます。 できれば30分以上、1時間程度歩くようにするといいでしょう。 血行も促進されますし、筋肉の収縮によってリンパの流れもよくなります。 下半身痩せのためには、ウォーキングが効きます。

体操、エクササイズ、筋肉トレーニングで下半身痩せ

ウォーキングをした後は、自分が特に痩せたい部分のエクササイズをしましょう。 内ももを痩せたい人は、丸めたタオルを膝の間に挟んでください。 一見簡単そうですが、長時間続けると、見た目よりずっと効きます。 また、普段の生活でも、できるだけひざを閉じるようにしてください。

ふくらはぎを痩せたい人は、背伸びの要領でかかとを上げるエクササイズをしてください。 単純な運動ですが、ふくらはぎだけを狙って効かせられます。

おしりを痩せたい人にもエクササイズがあります。 仰向けに寝た状態で、膝を立ててください。 足と肩をつけたまま、ゆっくりお尻を浮かせるんです。 お尻を浮かせたまま、できるだけキープしてください。 このトレーニングは、お尻全体に効く、小尻になるトレーニングです。

食事に気を付けて、むくみをとって、歩いて、エクササイズすれば、きっと下半身痩せできます。 効果がでるまで、ある程度の期間がかかります。 下半身痩せに、じっくり取り組んでくださいね。