EMSで痩せる(電気刺激)

EMSって知ってますか? 簡単に言うと、電気の刺激で筋肉を刺激して、筋トレができる優れものです。 筋肉が発達すれば、それだけ基礎代謝が増るから、ダイエットにつながります。 しかもEMSは電気の刺激で勝手に筋肉が動くから、筋トレと言っても全然つらくないのね。

EMSとは骨格筋電気刺激のこと

EMSは、Electrical Muscle Stimulationの略で、骨格筋電気刺激という意味です。 筋肉は脳からの微弱な電気刺激で収縮する仕組みになってます。 これを利用して、電気刺激を流すことで筋肉を収縮させて、筋力が衰えないようにするのがEMS技術ってことだそうです。 いろいろな原因で起きる筋萎縮(きんいしゅく)の治療のために、長年研究されてきた分野なんですね。 ちゃんと学会があって、いろいろな大学の教授や博士、機関の研究者の方たちが、日夜研究してくれてます。 それを一般の人向けに、しかもダイエットのための筋力トレーニングに応用できるマシンが販売されているんです。 ありがたいことじゃないですか。 EMSなら筋トレが簡単にできるから、代謝アップして、太りにくく痩せやすい体になる

だいたい1日60分とか、筋トレしようと思うと、相当体力がいるよね。 だいたいどんなトレーニングメニューをしたらいいのか、器具はどうしたらいいのか、普通だったら無理じゃないかな。 EMSは基本、貼るだけであとは機会のボタンを押すだけでいいわけ。 これやすごく楽だし、助かるよね。

よく腹筋を鍛える効果が宣伝されてるけど、それだけじゃないのね。 筋肉っていうのは、大きな部位の筋肉ほどエネルギー消費が大きくて、鍛えて代謝が上がれば、痩せやすくなるのね。 腹筋だけじゃなくて、お尻の筋肉や、太ももの筋肉、背中の筋肉や胸の筋肉、ふくらはぎの筋肉と二の腕の筋肉なんかが鍛えるといいところ。 だいたい、痩せたい人が気にするようなところって、筋肉が鍛えられてないから、“ぷよる”のね。 そこにEMSのパッドを貼り付けて、あとはただ座ってればいい。寝ててもいい。 筋肉が勝手に動いて、鍛えられるし、ということは、続けてれば痩せてくるはず。

EMSは良い姿勢や理想のプロポーション獲得にも役立つ

痩せるだけじゃなくて、例えば背筋を伸ばしてシャキッと立つには、腹筋だけじゃなくて、腰と背中、あと脇の筋肉が大切なんだけど、これはなかなか難しい。 二の腕やおなか、太もものぷよぷよした脂肪だけ減らしたい場合なんかも、痩せるだけじゃうまくいかないのね。 プロポーションっていうのは、あくまでバランスだから。痩せて脂肪が減っても、バランスがよくなるかどうかわからないのね。

そんなときに、EMS! EMSは電気刺激してくれる機械だから、パッドといわれる貼りつくシートがついたベルトを鍛えたい部分に貼り付ければいいのね。 鍛えにくい筋肉、とくにおなかの横、わきの下側の筋肉なんかも簡単に鍛えられます。 筋肉を動かせるから、エネルギーを消費します。 エネルギーを消費すれば、その部分の脂肪が減るかもしれないってわけ。

EMSをうまく使って、痩せるだけじゃなくて、理想のプロポーションを!