ココナッツオイルで痩せる

ココナッツオイルダイエットとは、食用油のかわりに、コレステロールを貯めず、直接エネルギーになるヴァージンココナッツオイルを使用するダイエット方法です。

ダイエットに利用できるのは、通常のココナッツオイルではなく、“エクストラ・バージン・ココナッツオイル”ね。 通常のココナッツオイルは、加工によってダイエットに不向きな食品になっていますので注意して。

ケトン体を増やし、脂肪を分解させるココナッツオイルの中鎖脂肪酸

エクストラ・バージン・ココナッツオイルの何がいいかっていうと、成分の約80%強を占めるのが、飽和脂肪酸の一種である中鎖脂肪酸(ちゅうさしぼうさん)です。 中鎖脂肪酸は母乳や牛乳にも含まれる成分です。 一般的な食用油に含まれているのは、長鎖脂肪酸(ちょうさしぼうさん)といって、消化された後、筋肉や内臓で脂肪として体内に貯蔵されます。 ココナッツオイルに含まれる天然の中鎖脂肪酸は、脂肪になって体内に蓄積されず、消化されたら肝臓に届いて、直接エネルギーとなるんです。 中鎖脂肪酸はコレステロールになりにくく、消化吸収や代謝が速いわけです。

ココナッツオイルはアンチエイジングにも

ココナッツオイルには、トコトリエノールが含まれています。トコトリエノールはスーパービタミンEと呼ばれ、抗酸化作用を持っているので、細胞の老化を遅らせるアンチエイジング効果があるといわれています。 さらにココナッツオイルに豊富に含まれるラウリン酸には免疫力を高め、ウイルスに対抗できる作用があるからです。ラウリン酸は母乳に含まれ、赤ちゃんを守る成分といわれています。

ココナッツオイルの使い方

一日に大さじ3~4杯程度が適量です。食用油のかわりに、ココナッツオイルを使うだけでいいんです。 バターやマーガリンのかわりにトーストに塗る、サラダにかけるなどのほかに、コーヒーや紅茶に一さじ入れるのもおススメ。

調理に使う場合は、加熱されやすいので、目を離さないようにして温度管理をちゃんとしてくださいね。 体に合わない人もいるようなので、下痢をしたり、発疹が出たり、体調が悪くなった場合は摂取をやめましょう。