呼吸法(ブレス)で痩せる

ダイエットといえば運動しろと言われるけど、運動も筋トレも苦手という人へ、呼吸を使うダイエットはいかがでしょう。 呼吸してますよね?今も。 誰でも、産まれてからずっと呼吸しています。 この呼吸でダイエットできるんです。

呼吸(ブレス)でダイエットするとは

呼吸でダイエットとは、胸ではなくお腹をふくらませたりへこませたりする腹式呼吸をしながら、簡単な動作をするとダイエットになるそうです。 腹式呼吸は、普段の自然な呼吸と違って、自分で意識して行う呼吸なんです。 呼吸によって体内の、普段意識しない筋肉を動かすとダイエットできる、しかもかなり効果が上がるらしいです。

呼吸法で意識するのは

呼吸で痩せるには、お腹まわりの筋肉を意識して鍛えます。 主に、腹横筋(ふくおうきん)、腸腰筋(ちょうようきん)、横隔膜(おうかくまく)、骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)です。 腹横筋はお腹のまわりを大きく包む筋肉で、腹横筋を鍛えると、お腹をコルセットのように引き締められます。 腸腰筋は体幹と足をつなげる筋肉で、歩きやすくなり、姿勢がよくなり、腰痛が改善します。 横隔膜は呼吸そのものに使われる筋肉です。膜という名前がついてますが、筋肉なんです。 腹圧のコントロールがしやすくなり、腹式呼吸が上手にできるようになります。 呼吸によっておなか回りの筋肉を鍛えるためには、まず横隔膜から、というわけです。 骨盤底筋群は体幹を下から支えてくれる筋肉です。 骨盤底筋群を鍛えると、姿勢がよくなり、特に下腹が引き締まります。

腹式呼吸するときに大切なのは姿勢

腹式呼吸でダイエットするコツは、息を吐くときに、すべての息を吐ききることです。 お腹をへこませるんです。 その時に大事なのは姿勢です。背筋を伸ばしてお腹に力を入れて息を吐くのが基本になっているようです。 また、お腹の真ん中の筋肉である腹直筋(ふくちょくきん)やわき腹の筋肉である腹斜筋(ふくしゃきん)を鍛える体幹トレーニングを行うと、より効果的です。 どんな人でもできる呼吸ダイエットは、特に道具もいらず、場所も選ばないので、スキマ時間にもできていいですね。