脂肪を作らせない!黒酢で痩せる

黒酢ダイエットとは、黒酢の酢酸によって脂肪の燃焼を促進し、脂肪の合成を抑えるダイエット方法です。

黒酢は鹿児島県で主に作られます。 アマン壺といわれる特殊な陶器を利用して、玄米と糀(こうじ)を原料に伝統的な製法で作られます。

黒酢にはアミノ酸や酢酸(さくさん)、ビタミンB群やミネラルが含まれています。 特にアミノ酸については、穀物酢、米酢、純米酢と比べても、黒酢に最も多く含まれます。 アミノ酸には、毎日摂取する必要がある必須アミノ酸がいくつか含まれますが、このアミノ酸はお肌のハリや弾力と関連が深いコラーゲンの主成分になるのです。

脂肪を燃焼しやすく作られにくくする黒酢

黒酢のダイエット効果ですが、黒酢に含まれる酢酸は、食物から脂質が合成されるのを抑えたり、脂肪の燃焼を促進する効果があります。 つまり内臓脂肪を減少させてくれるのです。

さらに、糖が吸収されるのを穏やかにしてくれます。食後に血糖値が上昇しますが、それを緩和してくれるのです。 血糖値が上がるとインシュリンが過剰分泌され、それによって脂肪が合成されます。 酢は血糖値を上昇させないことで、脂肪の合成を防いでくれるのです。

さらに酢は、体内でクエン酸になります。 クエン酸は疲労物質である乳酸を分解してくれますので、疲労回復に役立ちます。

黒酢のアミノ酸、ビタミンB群やミネラルは、毎日摂取する必要がある栄養素ですので、普通の食事ではとり切れない栄養を補ってくれるのです。

黒酢ダイエットの注意。薄めて飲むこと

黒酢はお酢ですので、食道や胃腸に刺激を与えます。 1日に大さじ1、2杯までにしてください。 空腹時は避けて、食後に飲むようにしてください。 10倍程度に薄めてください。薄めても効果は変わりません。 ジュースや牛乳に混ぜてもおいしく飲めます。

飲みやすく、ハチミツやリンゴと混ぜてドリンクにしたものや、にんにくと合わせたサプリメントになったものもあります。 黒酢を上手にとれば、内臓脂肪を減らしながら、新たに脂肪が合成されるのを防ぎ、さらにアミノ酸をとって健康になれますね。